経営方針

経営方針

キョウデングループは、「製造業を手段とし、サービス業を目的とする」を経営理念とし、電子事業、工業材料事業を営んでおります。電子事業においては「TSP(トータル・ソリューション・プロバイダー:完全一貫支援体制)」企業として、工業材料事業においてはお客様の「ものづくり」にとって不可欠な企業として、スピードと創意工夫により「顧客満足度の向上」と「付加価値の増大」に努め、企業価値を高めることが使命と考えております。

「E」「S」「G」の3つの観点をベースに経営戦略に基づいた運営を目指し、株主の皆様をはじめとするあらゆるステークホルダーとの信頼関係の向上を図り、企業価値を高める努力をして参ります。

企業のあるべき姿をめざして

キョウデングループは、長期的な視点において企業価値の向上をめざし、不正行為の防止と競争力・収益力の向上を総合的にとらえた企業経営に努めて参ります。
また私たちは「ONE KYODEN」をキーワードとして、全従業員が統一された方向性をめざします。

企業理念

〜お客様の為の便利な工場〜
当社は製造業を手段とし、サービス業を目的とする。
製造要員も含め全社員が接客業であることを認識し、徹底しよう。絶えずお客様の立場で当社を位置づけ改善していこう。
新技術への挑戦も、品質の向上も、コストダウンの追求も、納期短縮化も、サービス業の立場からとらえ実践していこう。
    製造要員も含め全社員が接客業であることを認識し、徹底しよう。絶えずお客様の立場で当社を位置づけ改善していこう。
    新技術への挑戦も、品質の向上も、コストダウンの追求も、納期短縮化も、サービス業の立場からとらえ実践していこう。
社員一人ひとりが、人間としての智慧を出し、創意工夫をしていこう。
「努力しよう」「成長しよう」という気持ちは誰でも持っているし、実行している。智慧を出して実行することが、その人、
会社を際立たせることになり、まわりに感動を与えることになるのだ。
    「努力しよう」「成長しよう」という気持ちは誰でも持っているし、実行している。智慧を出して実行することが、その人、会社を際立たせることになり、まわりに感動を与えることになるのだ。
全てのことに前向きになろう。
ほんの少しの歩みでもいいから、少なくとも昨日よりは、一ヶ月前よりは、一年前よりは、必ず前進していこう。
    ほんの少しの歩みでもいいから、少なくとも昨日よりは、一ヶ月前よりは、一年前よりは、必ず前進していこう。
我々はキョウデングループの一員である。
我々は互いに協力し合い、助け合い、グループの発展を目指そう。
    我々は互いに協力し合い、助け合い、グループの発展を目指そう。

サービス心得

目標が未達のときは素直に反省し、正面から恥をかこう。
その積み重ねが自分の限界を打ち破っていく。
努力だけでは付加価値は得られない。
自分の器の中でいくら努力しても世の中の水準以下だ。
器を越えて成し得た仕事が付加価値として認められる。
器を越えるということは智慧を出すことだ!創意工夫することだ!
皆で助け合おう!助け合うということは情報を徹底的に交換することだ!
サービス(営業)の第一歩は相手に気持ちよくなってもらうこと。「挨拶」はこの基本だ。

企業行動理念

社会的に有用で安全な製品、サービスの提供に努めます。
地球環境の保護、人の安全と健康の確保に積極的に取り組みます。
適時、適切に企業情報を提供し、広く社会及び利害関係者との対話を大切にします。
社会的良識を備えた責任ある行動を心がけます。
一人ひとりが互いの人権、個性を尊重します。
市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力及び団体とは一切の関係を持たず、毅然とした態度で対応します。
国内外の法令、会社の規則を守ります。
たとえ会社の利益を図る目的であっても上記各項目に反する行為は行いません。