環境

子供たちの
未来のために

トップメッセージ

“持続可能な発展”が地球環境・未来を守るための共通理念として、国際社会において広く認識されている昨今、地球温暖化、資源の枯渇、生態系への影響などの環境問題は、我々キョウデングループにおける最重要課題の一つであり、社会的責任として位置付けております。

キョウデングループでは、電子機器の設計開発から製造および組立までの完全一貫支援事業が及ぼす環境負荷の低減として、RoHS対応・REACH規制など国内外の各種規制を満たした環境配慮製品の提供に努めるとともに、より確かな品質の向上、安全性・信頼性の確保に取り組んでおります。


地球温暖化対策としては、効率的なエネルギー利用の推進によるCO2削減、資源の有効活用としては3R活動の積極的な推進に取り組んでいます。また、紛争地域における鉱物資源問題に対応する社内体制を整え、グローバルな課題に対しても真摯に対応しております。


キョウデングループは、これらの活動を通じて「持続可能な社会の実現」を目指して、CSR・環境活動への取り組みに邁進してまいります。

2018年4月

代表取締役社長  森 清隆

環境管理体制

キョウデングループは、各事業所における地域環境への環境負荷低減に努めると共に、ソリューションやサービスの提供によって生じる環境影響をLCA等により配慮することにより、環境活動を推進しています。

持続的可能な発展を目指し、グループ一丸で活動しています。

認証取得

各事業所および拠点において、ISO14001規格の認証を取得することで、未来につなぐ環境配慮を行っています。

ISO登録証ダウンロード

マテリアルバランス・環境データ

 

グリーン調達

グリーン調達の取り組み
  • LCA(Life Cycle Assessment)の取り組み

    製品のライフサイクルを考慮した環境負荷を定量的に把握するために、設計の段階において、ライフサイクルアセスメント(LCA)を考慮しています。

  • LCAとは

    Life Cycle Assessment(ライフサイクルアセスメント)の略称。製品・サービスの開発、製造、流通、使用、廃棄(3R/リデュース、リユース、リサイクル)までの各段階における環境負荷を定量的に評価する手法。製品・サービスのライフサイクル全体での環境負荷を明らかにすることにより、より環境に配慮した製品・サービスを検討するための有用なデータとなる。