CSR活動

横浜市「実践!環境保全活動」に参加しました 【横浜工場】

2013.11.06

横浜市では横浜市環境保全協議会、横浜市環境創造局の主催により、横浜市民や企業向けに環境保全や生物多様性に関する活動を毎年実施しています。

今年は10月24日に企業向け「実践!環境保全活動」が開催されましたので、横浜工場から3名の社員が活動に参加しました。

当日は横浜自然観察の森において、横浜市の生物多様性保全活動についての説明の後、外来種植物である「セイタカアワダチソウ」の除去作業やコナラ植栽のためのどんぐり栽培木箱作成などに汗を流しました。

また、鳥のさえずりが聞こえる森では、日本野鳥の会の指導員の説明により、ヘイケボタルの湿地や外来生物の影響による生態系の状況などを観察することで自然保護の活動の大事さや実際に活動をされている方々のご苦労を知ることが出来ました。

心配された台風27号による雨の影響も殆ど無く、7社の各企業参加者の方々と共に無事全プログラムを完遂しました。

今後も地域社会貢献や従業員の環境に対する意識付けに繋がるよう、積極的に参加を続けたいと考えています。