メカ製造(板金)

金属は、加工時の加圧や熱によって、その素材の特性毎に伸び縮みをおこします。
当社は、この金属毎に異なる特性を考慮し、豊富な経験をもとに高精度に加工します。

精密板金や薄板板金、筐体加工、スポット溶接や薄板溶接、仕上げまでを小ロット~大ロット、サイズを問わず短納期でご対応致します。
めっき・塗装、樹脂成形品との複合部品も対応可能です。

社内にプレス加工設備を保有していますので、試作から量産製造への対応が可能です。

板金加工とは

一般には、薄板金属を「切断」「折り曲げ」「溶接」により、製品を作り出す加工のことです。

ブランク加工・バリ取り

レーザー加工機やパンチプレス機械などを用いて加工します。
主に少量製品の外形、穴抜き加工に用いられます。

曲げ加工

プレスブレーキなどのベンダーマシンなどを用いて加工します。
円筒形や円錐形のような難易度の高い『R曲げ加工』も可能です。

溶接・仕上げ
  • メッキ

  • 塗装

スポット溶接機、TIG溶接機を用いて加工します。
溶接加工技術により、ひずみやスポット痕などを低減致します。
メッキ加工、塗装等も可能です。

板金保有設備

保有設備 対応加工 台数
レーザー加工機/定格 2Kw

ブランク加工

1基

パンチ・レーザー加工機/定格 3Kw・30t

ブランク加工

1基

プレスブレーキ/35t~80t

曲げ加工

7基

スポット溶接/35KVA~80KVA

薄板板間溶接

7基

TIG溶接機

アルミ/SUS溶接

3基

自動バリ取り機/t0.1~t6.0mm

金属バリ取り加工

1基

取扱い金属素材

金属素材 板厚
鋼材/SECC、SPCCなど

0.5~6.0mm

アルミニウム/A1050、A5052など

0.5~3.0mm

ステンレス/SUS430、SUS304など

0.2~3.0mm

銅/C1100など

0.5~3.0mm

その他金属も取扱い可能ですのでご用命ください。
板厚についてもご相談ください。