用語集 数字

・4K/8K

 現行のTV映像では主流となっているハイビジョンの4倍の画素数となる4K映像と、16倍となる8K映像のこと。ちなみに、スーパーハイビジョンは8Kのことのみを指す。ウルトラハイビジョンには、4Kウルトラハイビジョンと8Kウルトラハイビジョンの2つがある。

 

・5G

 第5世代移動通信システムのこと。高速・低遅延・多接続を特長とし、プリント基板でも高放熱・高周波・低伝送損失がキーワードとなる。

 

・5GHz帯
 無線LAN等で利用される電波の周波数帯。2.4GHz帯も無線LANでは利用されるが、5GHz帯は直進性が強いため障害物に弱い反面、通信速度は速い。IEEE802.11acでは、6.9Gbpsの通信速度になる。

 

・12G-SDI

 映像をデジタル信号に変換して伝送する際の規格であるSDI(Serial Digital Interface)の中で12Gbpsを実現するもの。ハイビジョンの登場に伴い3G-SDIが規格化され、4Kウルトラハイビジョンに合わせて12G-SDIが規格化された。1本の同軸ケーブルで4K非圧縮映像の伝送が可能。 



用語集TOPに戻る