業績分析

業績分析
通期
第1四半期
第2四半期

グループ全体

(単位:億円)

売上高 営業利益 経営利益

当連結会計年度の売上高は前年同期比11.6%減の47,016百万円、営業利益は前年同期比8.1%増の2,366百万円(営業利益率5.0%)、経常利益は前年同期比16.9%増の2,504百万円、親会社株主に帰属する当期純利益は前年同期比62.2%増の2,631百万円となりました。

電子事業

(単位:億円)

売上高 営業利益

国内基板に関しましては第3四半期から産業機器他の需要が回復し、医療機器・インフラ関連を中心に増収となった一方、アミューズメント機器・事務機器等、新型コロナウイルス感染症の影響による販売の低迷もあり、国内電子事業全体においては減収となりました。また海外基板事業に関しましても第3四半期より車載機器の急激な受注 回復が続きましたが、第2四半期までの低迷を補填するまでには至らず減収となりました。

なお、国内・海外ともに足元の受注環境は順調に回復してきております。このような環境下のもと、電子事業全体の売上高は前年同期比11.7%減の36,263百万円と減収となりました。セグメント利益に関しましては、減収下において生産効率の更なる改善や経費の削減活動による収益改善により前年同期比19.2%増の1,547百万円(セグメント利益率4.3%)となりました。

アプリケーション別

Pie Chart Pie Chart

海外:KYODEN THAI

Graph

国内:設計/基板/実装

Graph

※売上金額:連結相殺前

工業材料事業

(単位:億円)

売上高 営業利益

工業材料事業におきましては、前年度から続く米中貿易摩擦に新型コロナウイルス感染拡大が加わり、特に前半は自動車および鉄鋼関連産業の低迷の影響が大きく、例年は年度の後半に伸びる公共事業・建設関連向けも工事着工の繰り延べ傾向が顕著となりました。都市インフラ関連や原料仕入れ販売等一部の製品・商品に堅調なものもありましたが、全般に販売は伸びなかった一方で、経費の圧縮や減価償却費の減少が収益下支えに寄与しました。その結果、売上高は前年同期比11.2%減の10,753百万円、セグメント利益は前年同期比8.0%減の819百万円(セグメント利益率7.6%)となりました。

アプリケーション別

Graph Graph

※売上金額:連結相殺前

グループ全体

(単位:億円)

売上高 営業利益 経営利益

当第1四半期連結累計期間の売上高は前年同期比9.1%増の13,454百万円、営業利益は前年同期比50.7%増の1,297百万円、経常利益は前年同期比40.2%増の1,357百万円、親会社株主に帰属する四半期純利益は前年同期比41.7%増の959百万円となりました。

電子事業

(単位:億円)

売上高 営業利益

国内及び海外基板に関しましては、2021年3月期第3四半期から需要が急速に回復し、取り扱い主要アプリケーション全てにおいて前年同期比を上回ることとなりました。特に産業機器におきましては、前年同期比12%増、アミューズメント機器に関しましては前年同期比59%増となりいずれも新型コロナウイルス感染拡大前の2019年3月期平均を上回る結果となりました。EMS事業に関しましても、産業機器及び医療機器を中心に堅調に推移し、このような環境下のもと、電子事業全体の売上高は前年同期比12.9%増の10,776百万円と増収となりました。セグメント利益に関しましては、タクト改善及び省人化・ロボット化をベースとした生産効率の改善効果もあり前年同期比64.9%増の1,066百万円となりました。

アプリケーション別

Pie Chart Pie Chart

海外:KYODEN THAI

Graph

国内:設計/基板/実装

Graph

※売上金額:連結相殺前

工業材料事業

(単位:億円)

売上高 営業利益

工業材料事業につきましては、国内外での製造業における景気回復を背景に、主力製品である硝子長繊維原料と耐火物の売上が前年同期を上回ったほか、公共事業・建設関連の需要が堅調で混和材の販売が好調でしたが、都市インフラ関連製品の中に需要の端境期に当たり前年同期の水準をやや大きく下回るものがありました。一方で原料費も含めた製造原価の削減や経費の圧縮、生産効率化に努めました。その結果、売上高は前年同期比3.8%減の2,678百万円、セグメント利益は前年同期比7.8%増の231百万円となりました。

アプリケーション別

Graph

※売上金額:連結相殺前

グループ全体

(単位:億円)

売上高 営業利益 経営利益

当第2四半期連結累計期間の売上高は前年同期比19.4%増の27,309百万円、営業利益は前年同期比169.6%増の2,616百万円、経常利益は前年同期比158.8%増の2,634百万円、親会社株主に帰属する四半期純利益は前年同期比166.5%増の1,796百万円となりました。

電子事業

(単位:億円)

売上高 営業利益

国内及び海外基板に関しましては、2021年3月期第3四半期から需要が急速に回復し、車載/インフラ関係/センサーモジュールデバイスいずれも前年同期比を上回る結果となりました。特にアミューズメント機器に関しましては前年同期比68%増、産業機器におきましてはロボット/制御装置を中心に前年同期比20%を上回ることとなりました。EMS事業に関しましても、インフラ関連/精密機器を中心に堅調に推移し、このような環境下のもと、電子事業全体の売上高は前年同期比22.5%増の21,634百万円と増収となりました。セグメント利益に関しましては、タクト改善及び省人化・ロボット化をベースとした生産効率の改善効果もあり前年同期比256.3%増の2,147百万円となりました。

アプリケーション別

Pie Chart Pie Chart

海外:KYODEN THAI

Graph

国内:設計/基板/実装

Graph

※売上金額:連結相殺前

工業材料事業

(単位:億円)

売上高 営業利益

工業材料事業におきましては、国内製造業における景気回復を背景に、主力製品であるグラスファイバー原料と耐火物の売上が伸びたほか、都市インフラ関連製品の一部が需要の端境期に当たり前年同期の水準を下回った以外は全般的に堅調に推移しました。一方で原料費も含めた製造原価の低減や経費の圧縮、生産効率化等による利益確保に努めました。その結果、売上高は前年同期比8.9%増の5,675百万円、セグメント利益は前年同期比27.5%増の469百万円となりました。

アプリケーション別

Graph

※売上金額:連結相殺前