部品実装

高密度実装対応

電子製品の軽薄短小化がますます進む中、高密度実装技術と設備能力は重要な要素となっています。キョウデングループでは高密度実装に対応した最新設備とインライン印刷検査機を導入し高品質と短納期を提供致します。

メタルマスク内製化

データシート通りに作成しても、品質が安定せず、何度もメタルの作成が必要になるケースがあります。当社では、メタルマスク加工機を導入している事により初期流動結果を踏まえて、即座に再作成することが可能です。

バラ部品/手実装対応(生産前準備の確立)

生産量が少ないため自動機での実装ができない・・・そんなときも、当社にお任せください!ピンセットを持った職人たちが、部品一点一点、手実装にて対応させていただきます。その際も、作業者が実装箇所を間違えないように、わかりやすい図面を作成いたします。また、リールカット品でも自動機対応が可能です。 小ロットにおいても、最新の自動機で生産が出来るよう対応させていただきます。

POP実装、特殊部品、3D-MID実装など最新部品の実装評価から
次世代実装方法の検証、提案

量産実装可能になるまでの適正な実装条件の検証、温度プロファイルの作成を行い量産でのスムーズな立ち上げを提案します。
また、キョウデンではSMT(Surface Mount Technology 表面実装技術)に留まらず3D-MID(Molded Interconnect Device)への曲面への実装技術にチャレンジしています。

  • POP3次元実装
  • 超多ピンBGAコネクター
  • フラックス転写実装
  • ボイドレス真空リフロー
  • 3D-MID 実装
  • 3D-MID 実装
  • 3D-MID 実装
  • 3D-MID 実装

試作から量産実装までの対応

国内3つの実装拠点で、小ロット~大ロット実装のみならず板金・金型・成型・組立てまでワンストップサービスを実現します。

実装ライン構成

  • 真空リフロー炉

    熱風循環加熱と真空バキュームの組み合わせ効果で、大面積のはんだでもボイド発生を大幅に削減できます。

    image image

社内改善活動のご紹介

改善提案を推進し常に考えるプロ集団を目指します。

  • 改善ボード
  • 改善提案
  • 技能講習
  • 人材育成

実装ワークショップ開催

ワークショップで様々なイベントを開催しています。

  • 理論講習
  • 実技講習
  • 設備実演
  • イベントタイトル

イベント【キョウデン x DMM.make AKIBA Studio presents】基板実装100本ノック!~基板実装の基礎を学ぶ~ 風景