プリント基板の設計・製造・実装などを行うキョウデンの従業員を募集しています。

採用情報

  • キョウデンとは
  • 先輩社員の声
  • 募集要項

キョウデンとは

事業内容

電気・通信・音響・映像・産業用機器等に内蔵されているプリント配線基板の設計、製造、部品実装及び部品調達。

企業特長

1983年、電子機器、工業用ロボットの設計及び一般電化製品の販売を目的として設立され、これまで新製品開発といったブランドメーカーの重要なR&D部門をサポートするメーカーとして評価をいただいてきました。
今では製品の企画から設計、製造、実装まで完全一貫支援体制を確立した、「総合プリント配線板メーカー」として成長し、自動車関連向けのプリント配線基板が好調に業績を押し上げています。
“お客様のアイディアを製品(カタチ)に”を掲げ、お客様により良いサービスを提供できるよう、日々新しい価値の創出に挑戦しております。

社名の由来

創立者である橋本浩がナショナルショップを創めた折に、その屋号を「今日から電器屋」ということで「キョウデン」とネーミングしました。
ユーザーのニーズをいち早くとらえ、短納期でのプリント配線板ビジネスに着手をし、いつしか街の便利な電器屋さんはお客様の便利な工場へと変貌を遂げ、今では売上高400億円にまで業績を伸ばしています。

プリント配線板とは??

携帯電話やパソコンなど、身近な電子機器から、航空宇宙機器、防衛機器に至るまで、あらゆる機器の電子回路を支えているものです。コンピュータや電子機器の心臓部ともいえる、重要な部品の一つです。
製品に社名こそ表示されませんが、キョウデンのプリント配線板は暮らしのいたるシーンで確かに息づいています。

社長メッセージ

代表取締役社長 山口鐘畿
「キョウデン」という会社って何をやっているのですか?
恐らく社名も事業内容も作っている物も知らない人が大半かと思いますが、実は皆さんがお持ちの電子機器類の中身の一つや二つは、必ずキョウデンの製品が入っているはずです。

我々は自社ブランドの製品を持っている訳でなく、その名前は表には出てきませんが、スマートフォンとか4Kテレビ、LED等の最先端商品から使い捨てのカメラまで、実はキョウデンが支えていると言っても過言ではありません。

キョウデンではお客様からのご要望に応じて、製品の開発・設計から製造、組立、はたまた製品の販売まで手掛けており、かつキョウデンのDNAである「多品種少量の短納期対応」で誰にも負けない対応を行ってきております。

しかしながらそれを支えているのは「人」です。「人」がいなければ我々は何もできませんし進化もできません。

キョウデンの仕事は多岐に渡り、また国内外に多数の工場、営業所がありますので、「人」と「人」のつながり=コミュニケーションが命であり、それが誰にも負けない力の源です。

それゆえに入社してからやること、覚えることは多々あり最初は非常に大変かと思いますが、国内外のネットワークで皆で助け合いながら切磋琢磨できる環境、若手もベテランも関係なく積極的に提案実行できる体制等々、他では味わえない仕事が皆さんを待っています。
多くの皆さんがキョウデンの大切な「人」となり、支えてくれることを期待しております。

会社案内

ホームページ作成でお問い合わせアップ