プリント基板の設計・製造・実装などを行うキョウデンの環境への取り組みをご紹介します。

環境への取り組み

地球温暖化防止への取り組み

"低炭素社会"の実現を目指して

キョウデングループは、地球温暖化の原因の一つとされる温室効果ガス(大気中の二酸化炭素濃度)の排出抑制を推進することで、地球温暖化の緩和活動に努めてまいります。

全ての工場が取得しているISO14001を活動のベースとして、活動のための目標およびアクションプランを設定し、その運用による継続的な「省エネ活動」、また、従業員の意識向上として「エコマインド」の強化などを図っています。

<省エネ活動の枠組み>
・ 省エネ設備の優先導入
・ 放熱防止、排熱利用等の促進
・ インバータ化による設備運転の効率化
・ 遮熱、遮光による空調負荷の低減
・ 圧縮空気供給の適正化によるロスカット
・ 電力監視による節電意識の向上

キョウデングループは、事業活動を通じて、”低炭素社会”の実現に向けた活動を推進し、歩み続けてまいります。

資源有効活用への取り組み

"循環型社会"の実現を目指して

キョウデングループは、省エネおよび省資源活動とともに事業活動における3R(リデュース・リユース・リサイクル)を推進することで、資源の有効活用に努めてまいります。

省資源の観点として、原材料の製品率向上をはじめとして、化学物質の使用量削減、効率化に努めています。
また、生産活動により発生する廃棄物の発生抑制、分別による再資源化の推進、最終処分量を限りなくゼロに近づけるための「ゼロエミッション」の推進を図っています。

キョウデングループは、事業活動を通じて、”循環型社会”の実現に向けた活動を推進し、歩み続けてまいります。

生物多様性への取り組み

地球上には生命の誕生以来、長い年月をかけて独自の進化を経た動植物や微生物など多様な生物種が生まれました。これら多様な生物種の活動によって地球上のバランスが保たれ、恩恵を受けています。
しかし、私たち人類の行為によって、様々な生物種が絶滅の危機に向かっています。私たちキョウデングループは、生物多様性保全など地球環境との持続可能な発展を目指します。

キョウデングループ生物多様性保全への取り組み宣言

キョウデングループでは、事業活動が生物多様性からの恵みを受け、また直接的、間接的に影響を与えていることを認識し、生物多様性保全に取り組み、地球環境との持続可能な発展を目指します。

  • 生産活動で消費するエネルギーの削減に努め、多くの生物が絶滅する危機にある地球温暖化防止に取り組みます。
  • 製造工程で使用する資源を削減できる新工法を積極的に採用いたします。
  • 生産活動で発生する廃棄物の排出抑制、再利用、再生化を促進することにより、資源を有効活用いたします。
  • 納入資材の含有化学物質を管理し、生物多様性に配慮した原材料を調達するために、サプライヤーと連携した活動をいたします。
  • 地域社会との調和を図りながら事業活動を行うことにより、生物多様性に対する社員の意識を高めます。

環境リスク対策への取り組み

キョウデングループは、各工場で取得したISO14001システムに則り、環境リスクを抽出し、リスク低減に向けた取り組みを継続的に実施しています。また、2006年よりリスクマネジメントを導入することで、リスクマネジメント委員会を設置し、リスクの範囲を環境に限定せず活動しています。

活動の特徴として、通常用いられるPDCA手法の”Check”に視点を置くことで、「C・A・P・Dサイクル」として、リスク低減を図っています。
ステークホルダーの皆様や当事業に損失や影響を生じさせる環境事故等の緊急事態の未然防止を図り、更なる危機管理の整備に努めてまいります。

キョウデンの「C・A・P・Dサイクル」

CSR

会社案内

ホームページ作成でお問い合わせアップ

Get ADOBE Reader PDFファイルをご覧いただくためには、最新のAdobe Readerが必要です。
こちらからダウンロードしてください(無料)。